非侵襲的換気療法とは非侵襲的換気療法を中心とした呼吸管理について知見を集め研究し、本療法の確立を目指し、もって社会に貢献します。

非侵襲的換気療法(Noninvasive Ventilation、NIV)は挿管、気管切開などの侵襲的な気道確保を行わずに、人工換気を行う療法である。
非侵襲的換気療法として間欠陽圧人工呼吸器を使用する場合と陰圧型人工呼吸器を使用する場合があるが、近年では簡便性のためにマスクを使用した陽圧型が使用され、 NoninvasivePositvePressure Ventilation と呼ばれNIPPVあるいはNPPVと略される。
鼻連続気道陽圧呼吸(nasal Continuous Positive Airway Pressure、nCPAP)は上気道より肺胞までの陽圧による気道確保とも考えられるが、本研究会では非侵襲的換気療法と密接な関係があるため、nCPAPに関する問題も取り扱う。

背景
このページの先頭へ